本当の真価

こんにちは、サエコです!

BEC on-line school!

期待されている時にやらないのはアホ。
期待されていない時に如何にやれるかが
人の本当の真価を問われる。

三浦さんが慶應ラグビー部時代、恩師に言われた言葉だそうです。

インターネットビジネス、ひとりでモチベーションを維持し、
ひとりで結果を出すためにやり続ける。

孤独でしかないけど、それでも継続する。
(コンサルやコミュニティで仲間はできますが、やるべきことは自分との戦いです)

それで結果が出たときに、評価されるのって心地いいですよね。

でも、それは認めてもらえるから。

評価は自分でするものではない。
自分はこれだけやったと思っていても、他人からの評価が伴わなければ全く意味がないと思うのです。

どこの職場にも絶対いる、自分はコレだけやったんだアピールで
結果も出てないのに評価を求めてくる人。
継続してやれてないのに、やったんだ(だいたい過去形)アピールしてくる人。

自分擁護の自己評価は評価ではない、ただの自己満足。

人は誰だって、他人から評価されたい生き物
だけど、いつだって褒められるワケじゃない。

これをいつも頭に入れつつ、孤独と向き合って虎視眈々とするべきことに取り組む。

これが、結果を出すための一番の近道だと私は思います。

子供たちに一番理解してほしい内容だけど、これを自分で消化できるように説明するのは、、、なかなか難しい課題ですね凹

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする